So-net無料ブログ作成
検索選択

まずは… [建築]

 

地盤調査をし、地盤補強(地盤改良)が必要な土地とわかりました。

やわらかい地盤が2m以上等々から柱状改良工法(深層混合処理工法)

の採用としました。

00.JPG

こんな感じで細長い(と言っても直径60cm)円柱状に掘削し、 

 

 

02.JPG

杭状の柱状改良体を地中に埋め込むようにつくります。 

 

べた基礎の場合、法的に必要最低限は1㎡あたり2tの

重さに耐える地盤が必要なのですが、3t程度は考えたいところです。

重さに耐える計算の本数とは別に、配置基準も併せて考えるのですが、

結果1㎡あたり2tと3tでは、あまり本数が変わらなかったことも見逃せません。

 

家づくり、まずは土地づくりから。

 

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 1

コメント 2

roy

お散歩中に、
家を建てている土地でこんなような機械をみかけました。
地盤改良をしていたのですね〜
太郎は目がハートになってしまいずーっとみていました。

地盤大事なのですね。
地震以降は余計に気になります。
by roy (2011-05-29 01:46) 

mike

royさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

本当に地盤は大事ですね。
地盤の判定、傾向と対策については、
すべての状況の想定内が難しいのも事実です。
通常の長期間の想定はかなり確立されています。
大きな地震時の現実的な対策は、まだ課題があると思います。
by mike (2011-06-03 11:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。