So-net無料ブログ作成

デビュー [プライベート]

と言っても、1ヵ所の電球のことです。

遅ればせながら、初のLED電球を使いました。

01.JPG

左から白熱電球、LED電球、電球型蛍光灯で、大きさの違いはこんな感じです。

それぞれ特徴がありますが、いろいろと解説のHPがあるので詳細は割愛します。

ひとつだけ気をつけた事は、明るさです。

02.JPG

購入したLED電球の箱ですが、 大きく

  「600lm」

と書いてあるところに注目です。

よく“60W電球相当”などと表示がありますが、 

実際には製品によって明るさの性能にバラつきがあります。

600lmと書いてある「lm」という単位はルーメンと呼び、

光束と定義されています。光の量とでも解釈して良いと思います。

LED電球のなかでも250~800lm程度といろいろな製品があります。 

ちなみに白熱電球の60Wは800lm程度、40Wは500lm程度。

なので今回の600lmのLED電球は、その中間くらいです。

実際の明るさもそのような感じでした。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 1

コメント 2

roy

LED電球使ってみたいです。
白熱電球の雰囲気はとっても好きなのですが・・・
消費電力もそうですが熱を持つのも気になります。

雰囲気の良さと機能性両方兼ね備えているといいですね。

「ルーメン」覚えました〜!
by roy (2011-05-10 22:48) 

mike

royさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

>白熱電球の雰囲気はとっても好きなのですが・・・
そうなんです。私も好きな雰囲気です。
その雰囲気が存在価値があると思うのですが…
一応、電球色もあるのですが、全く同じではないです…

>「ルーメン」覚えました〜!
ワットやルクスと違って、
光のボリュームそのものを表している単位なので、
器具選びの見当違いが少なくなると思います。
照明については、専門的になるとかなりディープです。
by mike (2011-05-12 01:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。